t
p <1>
(左画像クリックで大きい画像が出ます)

赤ライン.....カットライン
青ライン.....山折り線
緑ライン.....谷折り線

p <2>

(1)後端を接着します。印刷面が表になります。
(29)を(1)の先端に接着します。

p <3>

(13)(14)の折り方。
印刷面が内側になります。
二カ所の白いノリシロは、前後(逆方向)へ折り曲げておきます。
p <4>

(15)の裏から(13)(14)を接着します。
(画像は左から作業順になってます)二カ所のノリシロを先に接着してから、最後にサイドを閉じるように接着してください。

p <5>

ノーズを接着してから(17)を接着します。
画像の赤いラインの位置を合わせてください。

(10)(11)は緑ラインだけ谷折り、後は山折りで、ボディーに接着します。

p <6>

(32)を接着。
真ん中の折り返しは、エンジンのガイドと、縦方向への補強目的です。

p <7>

(12)を組み立て後、本体に取り付けます。
両端はノーズの中に入れて(elfロゴの裏)接着してください。

p <8>

赤ライン.....カットライン
青ライン.....折り線
注意...(39)カウルのノリシロの折り線は一カ所だけです。残りはカーブを付けて接着します。
p <9>

カウルにカーブを付けます。
(39)...Step1の赤い部分にカーブを付けてから、そのすぐ上Step2の青い部分に逆向きにカーブを付けてください。さらにその上のノリしろ部分にもきつくカーブを付けます。
カーブの曲げ具合は(33)の形状を参考に。

(33)...絵は横から見た断面です。絵のようなカーブを付けておきます。

p <10>

(38)ダクトを裏から接着します。

p <11>

(34)シートベルトを接着してから、コクピットを図のように成形します。

カウルは後端から..ノリシロの多く付いた方を先に全部接着してください。その後で、逆側の残った一カ所を差し込むようにして、接着します。

p <12>

カウルへコクピットを接着します。二カ所のノリシロで接着してください。

その後で本体へ差し込み接着します。全体に接着剤を付けて、浮かないようにしっかり接着してください。

p <13>

本体を底に接着。
ノーズを図のように持ち上げて、竹串等でノリシロを押さえて接着してください。
最後にノーズも接着します。

p <14>

ステアリング(21)は裏表接着してから白い部分を切り抜きます。
その裏に丸く組み立てた(27)を接着し、計器板(40)に差し込みます。

p <15>

各パーツを接着しておきます。

リアウイング(37)は、カーブを付けて裏表折り返し、青いラインに折りスジを入れて、そこより後方を接着します。
(2)の接着位置はガイドになる物が何もないので注意してください。緑色のラインの位置です。

p <16>

ウイングとウイングステーを接着します。


p <17>

各パーツを接着します。
エキゾースト(28)は丸く接着した後に、半月状の切り込みの所で折り曲げ接着します。本体へは出口が外側に向くように接着してください。
(42)は内側のネジを隠すように接着します。前方にもありますので、完成画像等で確認してください。

p <18>

フロントサスペンションの組み立て。
裏表を張り合わせ本体へ差し込みます。
黒い部分.....半月以外の部分は、切り抜いておくと完成度がアップしますよ。

p <19>

(26)は左右同じです。
(23_左)(22_右)。(30_左)(31_右)、は注意してください。
(23)は本体へ差し込み接着した後に、垂直に注意して下側のサスアームに接着してください。

p <20>

各パーツは、GPによって付いていたりいなかったりしています。リサーチしてみるのも面白いですよ。

p <21>

完成!
タイヤは例によってマクラーレンの作り方を参照してください。